福岡大学サッカー部

サッカー部紹介

指導理念

(1)サッカー部の活動を通じた人間教育

①幅広い知性、教養を身につける
「授業に出席、単位を取得、必ず卒業する」
②夢を持ち、「地道な努力を持続できる人材」の育成
“コツコツ勝つコツ”
③実社会で通用する「社会性の育成」(礼儀作法、服装、行動)
④時間厳守、約束を守る(人間関係の基本条件)
⑤自分が得する”挨拶の力”の向上、タイミングと声の出し方
⑥自分から報告、連絡、相談、はっきりとした返事、意思表現ができる
⑦国際的基準やセンスを持つ
「グローバル・スタンダード(世界の常識)」

(2)高い競技レベルの追及

①日本のトップレベルで活躍する選手の育成。
日本代表選手、Jリーガー、ユニバーシアード代表選手等のハイレベルな選手の育成と輩出
②常に全国四強クラスの実力維持を目標とし、「全国制覇」を目指すチーム作り
③九州内では、常勝。アマチュアトップチームとしての誇りとプライドを持ち、どんな相手にも常に全力でファイトし、実力差を得点差にして勝つ。
④海外との交流機会を積極的に求め、世界的視野での情報入手や経験を積む

(3)次世代を担う優秀な指導者・リーダーの養成

①学校体育現場で活躍する教員の養成、社会体育施設指導者の養成
②豊富な専門知識と指導力を備えた日本サッカー協会公認資格コーチの養成
③審判員の養成(3,4級審判員資格の取得)
④地域の青少年スポーツ振興、発展に貢献するリーダーの養成
⑥クラブ運営(Jクラブ、都道府県サッカー協会)
⑦スポーツトレーナー専門学院、PT(フィジオセラピスト)
⑧メディア(TV、新聞、雑誌)
⑨一般企業、公務員

スローガン

「実」

みのり・みのる・みちる・満ち足りる・内容が備わる・正しい・本当の

実力&実現

・実際に備えている能力
・目的を果たすために実際の行為、行動で示される力
・計画、期待が現実のものとなる

realize

・事実を悟る
・実感する
・はっきり理解する
・計画を実現させる

 

部署制度~ 人づくり日本一 ~

Contribution
貢献
サッカーを通した様々な経験により、社会で活躍できる”人財”を育てる。そんな環境を自分たちの手で創り出すこと。

福岡大学サッカー部では2018年4月から「部署制度」による新しい取り組みを実施しています。
こちらを簡単に説明すると、例えば監督が企業の社長なら選手やマネージャーが社員となり、福大サッカー部という会社を共に運営し繁栄させるための組織と言えます。
サッカー部員が選手としてだけではなく、部署の一員としてサッカー部のために活動することで、より強固な組織化を図るとともに個人の社会人基礎力を高めることを目的としています。

スタッフ

監督:乾 真寛
部長:木幡 伸二
コーチ:児玉 進二
コーチ:高橋 大輔
コーチ:有吉 和哉
コーチ:福嶋 洋
コンディショニングコーチ:奈良崎 寛
メンタルトレーナー:副田 順次郎
トレーナー:飯田 幸紀
院生コーチ:杉 秋成
学生コーチ:瀧 皆斗
学生コーチ:才野倭
学生トレーナー:古田 敦寛

公式HPはこちら

【応援はこちら】

1,000円~ 5,000円~ 10,000円~ 50,000円~

100,000円~