中学生サッカーNEWS

中学生の部活、ジュニアユースの試合結果速報、進路相談情報

サッカーのプレーは動体視力で変わる?知っていますか、「目のゴールデンエイジ」!

運動能力に「ゴールデンエイジ」、黄金期があるのはご存知の通りです。誰にでも平等に訪れ、爆発的な成長が見込める時期のことです。「育成のスイートスポット」とも呼ばれていますね。

運動能力のゴールデンエイジは、10歳から12歳までの期間のことです。プレゴールデンエイジとは8歳から10歳くらいまでの期間のこと。あらゆるサッカーの技術のおおもとが吸収・獲得できる期間です。

ところが、ゴールデンエイジが存在するのは運動能力だけではありません。目にもゴールデンエイジは存在します。

目のゴールデンエイジをご紹介する前に、「なぜサッカーのプレーは視力で変わるのか」について解説します。

「目がいい」だけでは意味がない!

私たちがイメージする視力は、学校等で新学期に行われる身体計測の一環として行われる視力計測です。その結果によって「目がいい」「目が悪い」といわれますよね。ところが、これは視力のほんの一部でしかありません。

視力とは、8つの「見る力」のことです。

1.静止視力

これは、止まっているものを見る力です。学校で行われる視力計測は、静止しているものを見て何が書いてあるか判断する(読める)力を計るものです。

学校は、基本的に黒板の板書など、「止まっているものを見る」が目の働きのメインとなりますので、静止視力さえ計れればよいのです。このため、現在に至るまで学校では静止視力しか求めません。

ちなみに、野球で有名なイチロー選手が視力0.4しかないのは有名な話です。が、イチロー選手は0.4の視力でも「飛んでくるボールの縫い目が見える」ようです。それは、以下に述べるような視力が優れているからなのです。

2.KVA動体視力

向うからこちらへ近づいてくるものを見る視力です。野球のバッティング、こちらへ向かってくるサッカーのパスなどを見て正確にピントを合わせることができる視力です。

キーパーのロングキックが大きく弧を描いて飛んでくるとき、ヘディングやトラップ、キックが合う子と合わない子がいますよね。

それは、KVA動体視力の差かもしれないのです。空振りの多い子も同様です。近づいてくるものと自分との距離をはっきり測ることができないので、体のタイミングも合うはずがありません。

3.DVA動体視力

KVAは向こうからこちらへ来るものにピントを合わせる視力でした。DVAは、横へ移動するものにピントを合わせる視力です。

縦横無尽にボールが飛び交うテニスには絶対に必要な能力です。もちろん、サッカーにも。DVA動体視力の優れている人には、「ボールが止まって見える」「飛んでくるサッカーボールの空気穴が見える」という現象は当たり前に起こります。

4.コントラスト感度

白い壁の前で白い卓球のボールを投げて受け止める…これは、たいへん受け止めるのが難しいシチュエーションです。背景と目標物が似たような色の中でそれらを見分けられる視力がコントラスト感度です。

白いユニフォームに白いボールなどの見づらい状況でも正確にボールの位置を把握することのできる視力です。

5.眼球運動

眼は眼球を動かす速度によっても得られる情報量が違います。これは、視力というより眼筋(眼球を動かす筋肉)によってコントロールされるものです。

アメリカンフットボールのクォーターバック、サッカーのミッドフィルダーなど、チームの司令塔には幅広い視野が見えていないといけません。広く素早くフィールド全体を見渡して把握するにはこの視力が不可欠です。

6.深視力

たくさん目の前にあるものが、どれがどのくらい遠く、どれがどのくらい近いという位置関係を瞬時に把握することのできる能力です。

サッカーでは、この視力は敵味方の微妙な距離関係を瞬時に判断し、スペースを瞬時に見つけることができる能力となります。

大型二輪の免許、二種免許の試験で行われる「三棹(さんかん)試験は、深視力を計るためのものです。

7.瞬間視力

目の前の情報を、一瞬でできるだけ多く正確に判断する視力のことです。「写真記憶」とも言われています。写真を撮ったかのように一瞬で細部まで正確に覚えることのできる視力です。

サッカーは、一瞬一瞬で敵味方の位置が入れ替わります。が、それをずっと眺めて状況判断していたのでは、ボールを見失います。

瞬間視力を鍛えれば、ちらっと見た一瞬を記憶し、判断することができます。バスケットボールやサッカーなど、敵味方が入り乱れて戦うスポーツには欠かせない視力です。

8.協応動作

眼と手が連動する視力のことです。目で見て、すぐに手や体の動きと協応できる能力ともいえます。

サッカーでは、ゴールキーパーに欠かせない視力と言えます。協応動作は手と目だけでなく、もちろん足や体をも使います。

身近な例だと、「もぐらたたき」などがこれに当たります。

※参考文献は末尾に明示します。

トレーニングが効くもの、効かないもの

視力8photo:David Howard

この8つの視力は、基本的にトレーニングの効果があるものと効果がないものがあります。

静止視力…トレーニング困難
KVA動体視力…トレーニング可能、ただし静止視力以上にはならない
コントラスト感度…トレーニング困難
深視力…トレーニング可能
瞬間視…トレーニング可能
DVA動体視力…トレーニング可能
眼球運動…トレーニング可能
協応動作…トレーニング可能

さらに、瞬間視、DVA動体視力、眼球運動、協応動作は静止視力と関係がないのです。

つまり、もともとの視力とは関係なく、瞬間視、DVA動体視力、眼球運動、協応動作はトレーニング次第で伸びていくということです。

プロスポーツ選手の「目」の視力は?

上記に上げた8種類の視力を計る、「スポーツビジョン」という検査があります。これは、広島カープに新入団する選手は全員測定されます。

その結果、常時スタメン選手(レギュラー)と、出場登録選手40名枠の外の選手は明らかに差がある結果となったようです。

参照記事はこちら
ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ

各視力5点満点として8項目、40点満点のテストです。一般人の平均は20点前後で「まあまあよし」という判断が出ます。プロスポーツ選手で24点以上、名前は伏せられているのですがあるプロ野球選手は33点の高得点を出しています。

こちらも名前は伏せられていますが、日本代表のMFの選手の結果も公開されています。得点は32点。特に「DVA動体視力」と、「眼球運動」は満点の5点でした。

スポーツビジョンのテストを受けてみたい方には、アプリがあります。一般的に受けられる機関はないようなので、興味のある方はこちらをどうぞ。

トップアスリートの眼力を手に入れる。スポーツビジョンアプリvivit

動体視力だけどのくらいか知りたい!という方のために、こんなサイトを見つけました。↓

動体視力測定テストはこちら

このほかにも面白いものを見つけたのでご紹介します。お子さんとやってみてくださいね。

深視力のテストはこちら

脳年齢も計れる瞬間記憶のテストはこちら(参照サイト:FLASH FABRICA)
(数字が出てきますので、小さい順にクリックしてください。)

瞬間視訓練として、数字を順番にクリックしていくテストはこちら(参照サイト:CLIC CLAC)

目のゴールデンエイジとは?

視力3photo:Fabian Zander

8つの視力の中でも、特にプレーに影響してくるのは「動体視力」の部分です。KVAとDVA、向こうからこちらへ来るものにピントを合わせる能力と、横移動するものに素早くピントを合わせる能力は、トレーニングによって向上させることができます。

もちろん、目は何歳になっても鍛えられます。ですが、目にも運動能力と同じく、ゴールデンエイジが存在するのです。

運動能力のゴールデンエイジよりは少し早く、5歳から12歳の間が目のゴールデンエイジです。特に、スポーツは視力によって左右されるというほど視覚に頼る部分が大きいのです。

視力次第でスポーツのパフォーマンスは変化します。運動能力の伸びてくる時期に合わせ、視力も強化することができれば、運動能力と視力の相乗効果を期待することができるのです。

「よい視力」は、「よい脳」を作る!

視力4
photo:UBC Learning Commons

ここでいう「視力」とは、学校で計測する視力ではなく、スポーツビジョンで計測するような視力のことです。

良い視力はよい脳を作ります。「頭が良くなる」という状態です。

なぜかというと、

◆視力が向上すると、入力される情報が増える

からです。

情報がどんどん脳に入力されていくと、脳はその情報を処理しようとします。最初はもちろん追いつかないかもしれませんが、一瞬で脳に入れられる情報を増やしていくことは、脳にあたかもスパルタ式に情報処理を覚えさせていくことにつながります。

「速読」「写真記憶(フォトリーディング)」などができる人で頭の回転が遅い人はまずいません。それは、頭の回転が速い人が速読や写真記憶をできるようになるのではなく、速読や写真記憶のトレーニングを通して頭の回転を速くする訓練を日常的に行っているからです。

サッカーのトレーニングをしていくにあたり、「状況判断しろ!」「もっと早い判断を!」と、「判断」の部分で選手が注意されたことはありませんか?

これは、「うちの子、優柔不断だから」のような「性格」によるものではありません。

状況判断ができないのは、状況を判断する情報処理能力が追い付いていないからです。

ゴールデンエイジ期に良い視力を鍛え、状況判断や深視力を鍛えていくことが良いプレーヤーになるだけでなく、「回転の速い脳」を作ることにもつながっていきます。

8つの視力はどうやったら鍛えられるか?

視力5photo:Michael Praetorius

瞬間視を鍛える方法

マス目のついた紙を用意します。〇や▲を書いておき、遠くから一瞬だけ見てもらいます。

そして、どこのマス目に何が入っていたかを当てます。

KVA動体視力を鍛える方法

ボールに数字やマークを付けてキャッチボールを行います。

眼球運動を鍛える方法

数字を大きな紙にアットランダムに書いて、順番に目で追います。アットランダムに書いたひらがなを、渦巻き状、上から下など決めて音読する方法もあります。

協応動作を鍛える方法

グラウンド4色くらいパネルを置いておきます。一人はグラウンドを走ります。途中、パートナーに中の一つの色を教えてもらい、その色のパネルにダッシュします。

静止視力を鍛える方法

一度視力が落ちると回復は非常に困難だと言われています。それでもどうにかしたい!という方のために視力低下予防と視力回復について調査してみました![blogcard url=”http://juniorsports-news.com/post-25979/”]

一人でできる動体視力トレーニング

上記の視力トレーニングは、実際のトレーニングとして挙げられているものですが、家庭で行うには障壁が一つあります。

それは、「必ずパートナーを必要とする」ことです。練習に付き合ってくれるパートナーが得られないなら、チームで視力のトレーニングを導入するのが良い方法です。

一方、一人で行う方法としては、動体視力トレーニングメガネがあります。サングラスのような外見ですが、かけると光が点滅し、見ようとする目に負荷をかけます。とても見づらい状態になるのですが、その中で「見よう」とすることにより、集中力や眼が「見る」力を向上させ、パフォーマンスをアップさせることで評判です。

読売ジャイアンツ、広島カープ、千葉ロッテマリーンズ、ブンデスリーガのチームなども購入済みで、トレーニングに生かしているそうです。

動体視力トレーニングメガネの紹介サイトはこちら【プライマリーショップ】

参考文献

『動体視力が天才を作る 親子で遊べる驚異のプログラム』(篠田 秀美 著 ワニマガジン社 2001年9月)
『目力(メヂカラ)がスポーツを変える!動体視力トレーニング』(真下 一策 著 成美堂出版 2008年7月

最後に

動体視力トレーニングはジュニア世代にだけ有効なのではなく、加齢(嫌な言葉ですが…)によって衰える視覚(ひいては脳)の機能回復にも役立つそうです。

動体視力を鍛えていないとどんなことが起こるのか、についてのおまけです。

◆スポーツ怪我をしやすくなる
(自分と対象物の距離の把握が甘いため)
◆「予測」ができない
(現在の状況を判断できないため)
◆戦術脳が育たない
(状況判断ができないため、相手のパターンが読めない)

これらは、すべて頭の出来の問題として片づけられてきたことが多いように思います。

「サッカーは頭も必要」とよく言います。が、頭の回転の根幹を作るものは視覚、視機能なのではないでしょうか。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top