高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

春のセンバツ高校野球を盛り上げる4名の高校生が決定!

2018年3月23日から始まる春の選抜野球の開閉会式司会・国歌独唱者が決まりました。

開会式司会:成松海悠さん(熊本第一高3年)

成松さんは今年度史上初2度目の春のセンバツの開会式司会をつとめます。

昨年度開会式はこちら

透明感のある声と落ち着いたトーン、聞きやすくわかりやすい声は、音飛びのしやすい甲子園球場の中でもよく響くことでしょう。

廣瀬久実さん(山梨学院高3年)

廣瀬さんは今年度のNHK杯全国放送コンテストアナウンス部門の優勝者です。

スポーツ強豪校、山梨学院高校からの出場です。

閉会式司会:木村太飛さん(青森・北斗高2年)

リハーサルのできない、ゆえに臨機応変の対応と実力が問われる閉会式の司会をつとめるのは、北斗高校2年生の木村さんです。高校から放送部に所属し、わずか2年目にしてこの大役を任されました。

国歌独唱:冨永春菜さん(茨城・水戸三高3年)

第71回全日本学生音楽コンクールで茨城県から初の高校生優勝者となった冨永さんが国歌斉唱者に選ばれました。

深くて明るい歌声はこちら

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top