高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

【話題の動画】米、高1ブザービーター「24mの奇跡」

米高校バスケットボールで80フィート(約24メートル)のブザービーター(buzzer beater)が見事に決まった「奇跡の瞬間」をとらえた動画がTwitterで公開され話題になっています。

 

米スポーツ専門テレビ局「CBSスポーツ」によると、ミラクルシュートを放ったのは、エヴァンストン・タウンシップ高の1年生、ブレイク・ピーター選手。

試合終了目前、42-44と2点ビハインドで相手フリースローの場面。
ブレイク・ピーター選手は、相手が放ったフリースローがリングに弾かれると、素早い反応でリバウンド奪取に成功。
チェックに来た相手を振り払い、次の瞬間、躊躇せず遠く離れたゴールに向かって右手一本で振り抜いた。

ボールは山なりの放物線を描いてリングに一直線。

その場の誰もがボールの行方にくぎづけとなる。

果たして結末は!?

続きは米誌「スポーツイラストレイテッド」公式ツイッターの動画をどうぞ!

 

ブザービーターとは?

ブザービーター(buzzer beater)はバスケットボール用語の一つで、ピリオドや試合の終了直前に放たれ、ボールが空中にある間に残り時間が0となり、ゴールに入るショットのことを指す。まるでゴールによってブザーが鳴らされたように感じられることからこの呼名がある。(中略)

ピリオド終了直前(すなわちブザーが鳴る前)にゴールに向かってボールが放たれ、ボールが空中にある瞬間にブザーが鳴った場合、そのボールは空中にある間有効であり、それがバスケットを通過してゴールとなった場合はその得点は有効とされるルールがある[2][4]。このため、プレーヤーはピリオドの終了時には自分がどんな位置にいても(仮にそれが相手コートのバスケット下など、バスケットから遠く離れた位置であっても)とにかくシュートすることが多く、ブザーが鳴りながらボールがバスケットに吸い込まれるシーンが見られる。これが「ブザービーター」である。

(出典:Wikipedia

★編集部より★

最後の最後まであきらめない気持ちが勝利を呼び込む!

「すごい動画が撮れた!」皆さんの身近で起こったスーパープレー動画もお待ちしております!





コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top