高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

高校野球タイブレーク制導入に、みんななんて言ってる?

そもそもタイブレークって何?

春の選抜から導入されるタイブレーク制。
延長12回を終えて同点の場合、13回からは無死一、二塁、打順は前の回から続く「継続打順」で始め、決着がつくまで続ける制度です。

すでに一、二塁に走者がいる状態から始まるため、点が入りやすくなります。そのため勝敗が通常の延長よりも早く着きやすくなると考えられています。

決勝は15回までの延長を行い、同点の場合は引き分け、別日程で再試合となります。再試合ではタイブレーク制が導入されます。

審判も「練習会」実施

3月23日から始まる春の選抜高校野球大会を前に、甲子園では審判・アナウンスらによる練習会が行われました。

どう受け止める?タイブレーク

あなたはどう考える?




★編集部より★

日本の高校野球は過密日程で知られています。そんなに高校生に連投させたら故障の原因になる、という専門家もいます。その疲労軽減のためにはじめられると思われるタイブレークですが、「最後までちゃんと戦わせたかった」と語る指導者もいるようで、まだまだ賛否両論というところです。

あなたはどう思います?
自由なご意見、お聞かせください!

 

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top