高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

リアルすぎて痛い高校バスケ漫画『あひるの空』アニメ化決定!

週刊少年マガジンで連載されている『あひるの空』(日向武史)のアニメ化が決定した。

しかしこの漫画、「リアルすぎて痛い。」今までのバスケ成功物語と一味違う面白さがある。

とにかくリアル。

それまでのバスケ漫画というと、代表作はおそらく「スラムダンク」。元不良:桜木花道がバスケットボールと出会い、持ち前の運動神経を生かして活躍できるようになっていく(超ざっくり)というあらすじ。

「左手は、添えるだけ」とか、「諦めたらそこで試合終了ですよ?」などの名言を知らない人はいないと思う。サッカー選手の内田篤人には「スラムダンクの続巻を書くことは国民の義務だ」という名言がある。

あひるの空の主人公、車谷空(くるまたに・そら)はバスケ選手にしてはとても身長が低い、という設定。母の都合(ネタバレするので言わない)により神奈川へ越してきた長野県民。

スラムダンクとは違い、車谷空は登場初回からバスケのできる、低身長だからこそ磨いた「3ポイントシューター」だ。

味のある仲間を作り、バスケ部はみんながそれぞれにやる気を出し始める。

でも、勝てない。
ほんとに勝てない。
ここでも勝てないか~、と空を仰ぐほど勝てない。

ここに第一のリアルがある。

・バスケから一時期遠ざかってたチームメイトばかりのチームで勝てるわけがない

いろいろなリアルが次から次に押し寄せる。

・仲間が全員仲良しのまま上に進めるわけがない
・登場する男女が常に両想いになれるわけがない
・ヒロインは清純だ、というのは幻想だ
・就職するなら高校は勉強するところではない
・シュートは何百本練習しても下手は下手だ

もう、バスケだけではなくて、一切合切全部ひっくるめていろいろなリアルを突き付けられる漫画なのだ。

いろいろが「痛い」。

 

作者の公式・あひるの空名言botはこちら

君も呟いてみないか(Twitterじゃないけど)




放送時期は続報待ち

アニメ化は決定したが、放送時期や声優陣は未定。まだビジュアルも車谷空しか発表されていない。

★編集部より★

編集部一押し巻は12巻!

ちょっと癖になる痛さ。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top