高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

高校水泳界のスピードキング 石崎慶祐選手・水泳(自由形100m・200m)

石崎 慶祐・水泳(自由形100m・200m)

所属:ダッシュ新津
長岡大手高校(2018年度高校3年生)

長岡大手高校は114年の歴史のある県内屈指の伝統校です。2016年度のインターハイ新潟県予選水泳競技には約30名が出場、その半数が各種目で1位となりました。

2017年度インターハイのタイムは100m50秒32。時速にすると7,111キロとなります。自由形の世界記録は50m 20秒91(この場合の時速は8.6km/h)です。時速7㎞はペンギンが餌を捕まえるために泳ぐ速度と同じです。

略歴

2016年度希望郷いわて国体 少年男子B100m自由形 優勝
2017年度インターハイ水泳競技(競泳)自由形100m1位、200m2位
※県予選では県内高校新記録で優勝しています。
日水連ナショナル選手標準記録突破(2017年度日本選手権 200m自由形・ジャパンオープン 200m自由形)

顔写真はこちら(長岡市民スポーツ応援団)

主な戦績

競泳日本選手権2018 男子 自由形100m7位
競泳日本選手権2018 男子 自由形200m8位
※200mで高校生が日本選手権の決勝に進出したのは7年ぶりの快挙

動画

19日 競泳男子 100m自由形 決勝

★編集部より★

中学校時代から注目され続けてきた石崎選手。2016年度の国体でまさかの予選敗退を経て「自分をとことん追い込む練習を重ね、1年間で急成長を遂げた(第71回国民体育大会選手団コメント新潟県:日本スポーツ協会参照)」そしてさらに高みから刺激を受けて伸びようとしています。

高校最後のインターハイではどのような成長を見せてくれるのか楽しみです。

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

Return Top