高校スポーツドットコム

高校スポーツ・部活の結果速報メディア×SNS

2018インハイ 柔道

2018インハイ 柔道
平成30年度全国高等学校総合体育大会空手道競技大会
第45回全国高等学校空手道選手権大会

男子

結果

分かり次第掲載します。

日程

  • 開会式:平成30年8月8日(水)9時00分~
  • 競技:平成30年8月8日(水)~8月12日(日) 5日間
  • 閉会式:平成30年8月12日(日) 競技終了後

会場

サオリーナ(津市産業・スポーツセンター)
〒514-0056 三重県津市北河路町19番地1
TEL 059-223-1001

組合せ

組み合わせ詳細につきましては、こちらをご覧ください。(柔道競技抽選結果

女子

結果

分かり次第掲載します。

日程

  • 開会式:平成30年8月8日(水)9時00分~
  • 競技:平成30年8月8日(水)~8月12日(日) 5日間
  • 閉会式:平成30年8月12日(日) 競技終了後

会場

サオリーナ(津市産業・スポーツセンター)
〒514-0056 三重県津市北河路町19番地1
TEL 059-223-1001

組合せ

組み合わせ詳細につきましては、こちらをご覧ください。(柔道競技抽選結果

概要

  • 競技種目
    (1) 男子団体試合
    (2) 男子個人試合7階級(60kg級・66kg級・73kg級・81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級)
    (3) 女子団体試合
    (4) 女子個人試合7階級(48kg級・52kg級・57kg級・63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級)
  • 競技方法
    (1) 団体試合(男子・女子、点取り試合)
    ア 試合は、トーナメント戦とする。
    イ トーナメント戦の勝敗の決定は、次による。
    ・ 判定基準
    ※選手対選手それぞれの試合の勝敗は、「技あり」又は「僅差」以上とする。
    ※僅差は、指導差が2とする。
    ・「技の内容」と「指導」の重み
    ※【一本勝ち=反則勝ち>技あり>僅差】の順とする。
    ・団体試合のチーム対チームの勝敗の決定 以下の項目に従って勝敗を決定する。
    (ア) 勝ち数の多いチームを勝ちとする。
    (イ) (ア)で同等の場合は、「一本」による勝ちが多いチームを勝ちとする。
    ※但し、一本勝ちと反則勝ちは同等とする。
    (ウ) (イ)で同等の場合は、「技あり」による勝ちが多いチームを勝ちとする。
    (エ) (ウ)で同等の場合は、代表戦を行う。代表戦はその対戦に出場した選手の中から任意に選出して行う。   (オ) 代表戦で「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコアをリセットして、
    ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、勝敗を決する。
    延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に反則負けとなった場合はス コアをリセットして、
    再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を決する。
    このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。(2) 個人試合 (男子・女子)
    ア 体重別試合とする。
    イ 試合は、トーナメント戦とする。
    ※「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、スコアをリセ ットして、ゴールデンスコア方式の延長戦において、勝敗を決する。
    延長戦で、「指導」の累積により両者が同時に「反則負け」となった場合は、 スコアをリセットして、再度ゴールデンスコア方式の延長戦を行い、必ず勝敗を 決する。
    このことは、1回戦から決勝戦までのすべての試合に適用する。
  • 参加制限
    (1) 団体試合(男子・女子)
    ア, 各都道府県は1校1チームとする。但し、男子について北海道は南北2地区よりそれぞれ1校1チームとし、
    東京・大阪はそれぞれ2校2チームとする。
    イ, 開催地(三重県)は、1チームを加える。
    ウ, 不参加チームのあるときは、開催地で補充する。
    エ, チームの人員については、次のとおりとする。
    男子は、監督1名・選手5名・補欠1名の7名とする。
    女子は、監督1名・選手3名・補欠1名の5名とする。 なお、男女とも補欠はいなくてもよい。
    オ, 外国人留学生のチーム人員は、男子・女子とも1名以内とする。(2) 男子個人試合
    ア, 各都道府県の編成は、監督1名・選手7名(各階級1名ずつ)とする。
    但し、体重別に48名とするために開催地で補充することができる。 なお、開催地で補充できなかった場合、
    開催ブロックで補充することができる。
    イ, 体重別区分は次の7階級とする。 〔60kg級・66kg級・73kg級・81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級〕
    ウ, 計量について60kg級・66kg級・73kg級は、8月8日(水)に、非公式計量を15時00分~16時00分、
    公式計量を16時00分~16時30分(1回のみ)に行う。
    81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級は、8月9日(木)に、非公式計量を12時00分~13時00分、
    公式計量を13時00分~13時30分(1回のみ)に行う。但し、団体試合 ベスト8進出校の登録選手は、下記の時間も計量可能とする。
    (非公式計量 14時00分~15時00分、公式計量 15時00分~15時30分)
    両日ともに、計量にパスしないものは出場できない。
    計量場所は、「三重武道館(津市産業・スポーツセンター)」とする。
    エ, 選手は、団体試合と個人試合を兼ねてもよい。
    オ, 外国人留学生の参加人数の制限は設けない。(3) 女子個人試合
    ア, 各都道府県の編成は、監督1名・選手7名(各階級1名ずつ)とする。但し、体重別に48名とするために、開催地で補充することができる。なお、開催地で補充できなかった場合、開催ブロックで補充することができる。
    イ, 体重別区分は、次の7階級とする。
    〔48kg級・52kg級・57kg級・63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級〕
    ウ, 計量について48kg級・52kg級・57kg級は、8月10日(金)に、非公式計量を12時00分~13時00分、
    公式計量を13時00分~13時30分(1回のみ)に行う。
    63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級は、8月11日(土)に、非公式計量を12時00分 ~13時00分、
    公式計量を13時00分~13時30分(1回のみ)に行う。
    但し、団体戦ベス ト16進出校の登録選手は、下記の時間も計量可能とする。
    (非公式計量 14時00分~15時00分 公式計量 15時00分~15時30分)
    両日ともに、計量にパスしないものは出場できない。 計量場所は、「三重武道館(津市産業・スポーツセンター)」とする。
    エ, 選手は、団体試合と個人試合を兼ねてもよい。
    オ, 外国人留学生の参加人数の制限は設けない。
  • 競技日程

 

実施要項(柔道)

参照元:全国高体連公式

※こちらは公式情報ではございません。公式情報は必ず全国高体連のページでご確認ください。
もし間違いがありましたら、お問い合わせよりお知らせください。

 

コメント投稿

*
*
* (公開されません)

画像アップロード

Return Top